ごあいさつ

Green行政書士事務所ホームページにアクセスいただき、誠にありがとうございます。

 平成17年に行政書士試験に合格して以来、行政機関で働いたり、行政書士の補助者として従事して参りましたが、ついに平成28年4月に開業いたしました。

開業した理由は、実は「終活」なんです。姉ががんであっという間に亡くなってしまった時、思いました。私はいつ死ぬのかなって。…だったら、やってみようかな~と思ったことは、とりあえずやってからあの世に行こう!そんな気持ちから開業を決心しました。

「これからの人生、悔いなく生きよう」そんな思いから開業いたしましたので、仕事はまじめ一本です。求めるものは達成感です。行政書士の仕事はこの達成感を十分に味合わせてくれる仕事なんです。ご依頼のあった許可が下りた瞬間はとにかく心地いいものです。そこに「ありがとう」なんてお言葉を頂くと、やってて良かったなとしみじみ思います。

また行政書士業務と並行して、社会貢献の一環として「成年後見制度」を世間に広める活動も始めました。

成年後見制度とは、認知症、知的障害、精神障害などの理由から判断能力が不十分なために、契約などの法律行為を結ぶことが困難な人を保護する制度です。最後まで自分らしく生きたい、又は(父、母の)尊厳を守ってあげたいとお考えの方には是非とも知っておいてほしい制度です。

少しでも皆様のお役に立てればと思っております。どうぞお気軽にお問い合わせください。

行政書士 清水 良枝